犬血便

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬血便

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が血便 !? 原因、治療法、知っておくべき留意事項って何?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
犬が血便 をしたら、びっくりしますね。血便の時には、様々な病気の可能性があるため、病院に行く事が大切です。特に、便に血が混じっている程度ではなく、全体が赤い、あるいは下痢、嘔吐、元気がないなどの他の症状が伴っているときには、出来る限り早く病院へ向かってください。放置すると急速に衰弱することがあります。
犬の血便と言っても、便への血液の混じり方は様々です。この記事では、血便が出た時、体の中でどのようなことが起きているのか、どのような病気が潜んでいるのか、説明します。
 
 

犬が血便 !その原因と原因となる病気は?

まず、我々が犬の便を見て、“血が混じっている!”と認識するのは赤い血を目にする時だと思います。指を誤って切ってしまった時などに見る血は出血部位から出たばかりの新鮮な血です。これが普段、血だと認識しているもの、つまり鮮血です。
 
便にこの赤い血が混じっている、あるいは便自体が赤い血の色をしている場合には、出血して間もないことを意味します。犬の場合も、消化器はから始まり食道、小腸、大腸、肛門とつながりますが、出血した血液が鮮血のまま便に排泄されるのは大腸からの出血と肛門からの出血です。
 
大腸で出血している場合には便自体に血の色が混じっている状態になることが多いです。もし、犬の便に一筋の縦の線として血液が付いている場合には肛門からの出血である可能性が濃厚です。犬の肛門に出血部位があり、排便するときに血液が付着しながら便が排出されるとそのような形状になります。
 
犬の小腸、胃、などで出血がある場合には便の色は黒っぽくなります。これは出血した血液が便として排泄されるまで少し時間がかかるからです。血液は出血すると徐々に酸化して黒くなります。
 
酸化した黒い血液が混じった犬の便を見て“血が混じっている!”と気が付くことが出来たら、すぐに病院へ行ってください。ただ、これが血液だと気づかないときがあると思います。いつもとは違う種類の便と気が付くことがとても大切です。
 
以下に挙げた病気が、犬が血便する原因となる病気です。
 
 

感染症腸炎

犬が細菌性、ウイルス性、寄生虫などの感染症に罹患した場合、しばしば出血を伴う下痢をします。
 
 

出血性胃腸炎

ケチャップのような出血性の下痢を起こす病気で、原因は不明です。
 
 

慢性胃炎

アレルギー薬物、感染症などにより繰り返しダメージを受ける、あるいは長期にダメージを受けることにより犬が出血します。
 
 

慢性特発性腸疾患

原因は様々なものが引き金となり、詳細は明らかになっていません。下痢に出血を伴うことがあります。
 
 

肛門周囲ろう

犬の肛門周囲の炎症に加えて潰瘍化した箇所が化膿する病気です。そこから出血する場合、便に血液が付くことがあります。
 
 

腫瘍

犬の消化器、特に胃、小腸、大腸に腫瘍がある場合、そこから出血すると血便になります。
 
 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

潰瘍部分からの出血が便に混じり血便になります。

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。