犬血便

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬血便

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が血便 !? 原因、治療法、知っておくべき留意事項って何?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
犬が血便 をしたら、びっくりしますね。血便の時には、様々な病気の可能性があるため、病院に行く事が大切です。特に、便に血が混じっている程度ではなく、全体が赤い、あるいは下痢、嘔吐、元気がないなどの他の症状が伴っているときには、出来る限り早く病院へ向かってください。放置すると急速に衰弱することがあります。
犬の血便と言っても、便への血液の混じり方は様々です。この記事では、血便が出た時、体の中でどのようなことが起きているのか、どのような病気が潜んでいるのか、説明します。
※なお犬の諸症状については以下の記事をご参考にしてください。
「犬が血尿!? 原因と治療方法は?」
「犬が下痢!? その時の対処法は?」
「犬が吐く時に知っておくべきこと」
 
 

犬が血便 !その原因と原因となる病気は?

まず、我々が犬の便を見て、“血が混じっている!”と認識するのは赤い血を目にする時だと思います。指を誤って切ってしまった時などに見る血は出血部位から出たばかりの新鮮な血です。これが普段、血だと認識しているもの、つまり鮮血です。
 
便にこの赤い血が混じっている、あるいは便自体が赤い血の色をしている場合には、出血して間もないことを意味します。犬の場合も、消化器は口から始まり食道、胃、小腸、大腸、肛門とつながりますが、出血した血液が鮮血のまま便に排泄されるのは大腸からの出血と肛門からの出血です。
 
大腸で出血している場合には便自体に血の色が混じっている状態になることが多いです。もし、犬の便に一筋の縦の線として血液が付いている場合には肛門からの出血である可能性が濃厚です。犬の肛門に出血部位があり、排便するときに血液が付着しながら便が排出されるとそのような形状になります。
 
犬の小腸、胃、などで出血がある場合には便の色は黒っぽくなります。これは出血した血液が便として排泄されるまで少し時間がかかるからです。血液は出血すると徐々に酸化して黒くなります。
 
酸化した黒い血液が混じった犬の便を見て“血が混じっている!”と気が付くことが出来たら、すぐに病院へ行ってください。ただ、これが血液だと気づかないときがあると思います。いつもとは違う種類の便と気が付くことがとても大切です。
 
以下に挙げた病気が、犬が血便する原因となる病気です。
 
 

感染症腸炎

犬が細菌性、ウイルス性、寄生虫などの感染症に罹患した場合、しばしば出血を伴う下痢をします。
 
 

出血性胃腸炎

ケチャップのような出血性の下痢を起こす病気で、原因は不明です。
 
 

慢性胃炎

アレルギー、薬物、感染症などにより繰り返しダメージを受ける、あるいは長期にダメージを受けることにより犬が出血します。
 
 

慢性特発性腸疾患

原因は様々なものが引き金となり、詳細は明らかになっていません。下痢に出血を伴うことがあります。
 
 

肛門周囲ろう

犬の肛門周囲の炎症に加えて潰瘍化した箇所が化膿する病気です。そこから出血する場合、便に血液が付くことがあります。
 
 

腫瘍

犬の消化器、特に胃、小腸、大腸に腫瘍がある場合、そこから出血すると血便になります。
 
 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

潰瘍部分からの出血が便に混じり血便になります。
 
 

スポンサーリンク



原因別治療法とは?

感染症が原因の血便の治療法

治療法は犬が下痢をした時とほぼ同じになり、下痢の治療である輸液療法、整腸剤、食餌制限に加え、抗生物質や抗寄生虫薬など症状に応じて処方されます。
 
 

出血性胃腸炎が原因の血便の治療法

犬の脱水に対して輸液療法を行いますが、出血性ショックが見られる場合には入院しなければなりません。嘔吐を伴う場合には食餌制限、飲水制限をします。さまざまな状態によって治療法を組み合わせていくので、複数の検査が必要となるでしょう。
 
出血性ショックとは、出血により各臓器に供給される血液量が著しく減少し、各臓器の機能が低下を招いている状態を意味し、一般的に言われる「ショック」とは意味合いが異なります。出血性ショックの場合、全身の各臓器が上手く働いていないので、命に関わるリスキーな状態です。出血性ショックは、交通事故、臓器破裂などで激しい出血が生じた時に起こる可能性があります。出血性ショックになると、脳に血液が供給されない為、意識が低下し、脳が適切な指令を体の各部位に出す事が出来ない為、動けなくなります。

 

慢性下痢の場合が原因の血便の治療法

食餌療法と下痢止めの薬が処方されます。犬の食事は急性の場合と異なり、低脂肪のものを少しずつ与える方法を取ります。
 
 

慢性特発性腸疾患が原因の血便の治療法

難治性なので、治療は長期にわたる食餌療法と薬の投与を行う事となります。
 
 

肛門周囲ろうが原因の血便の治療法

この場合の犬の治療は外科的処置(潰瘍部分の切除など)、外用薬、内服薬の処方が行われます。
 
 

腫瘍が原因の血便の治療法

基本的には外科的切除です。化学療法を行うこともあります。
 
 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍が原因の血便の治療法

制酸薬、粘膜保護薬などで治療しますが、犬の状態によっては輸液療法、輸血が行われます。状態がよくならないときには外科的に病変部の切除を行うこともあります。
 
 

症状別対処法

 
便に血が混じっている場合、様子をみていいという疾患はありません。見つけ次第、出来るだけ早く病院へ向かうようにしましょう。もし持っていけるようであれば便を持って病院へ向かってください。
 
しかし、愛犬に何が起きているのか、どのような病気が潜んでいるのか気になりますね。血便が出たときはどのような状態なのか、飼い主さんはどのようなことに注意すればいいのか、+αの症状別にまとめてみました。
 
まず、血便は便に血が混じっている状態であり、体の中の消化管(食道、胃、小腸、大腸、肛門)から出血があるということを表しています。食道や胃の出血の場合には吐血したり、吐物に血液が混じる可能性があります。口から出されずに出血した血液が食べ物と一緒に排泄される場合、肛門から出るまでに時間がかかるので血液は酸化して黒くなります。
 
酸化した黒い血液が混じった黒色便も血便なのですが、それを見て血便だと思う飼い主さんは少ないかもしれません。出血量が少なく、便の水分量が普通(下痢でも便秘でもない)のとき、血液の混じった血便が排泄されます。出血量が多いと便の水分量も多くなりますので血液を含んだ下痢になります。また、もともと下痢の状態に血液が混じっても同じ状態になります。
 
腸壁が傷ついて出血する疾患は感染症や腫瘍などが考えられますが、下痢を呈したり、嘔吐を伴ったりするのはそれぞれの疾患の病態によります。また、元気がなくなるのは、出血や下痢、嘔吐で脱水状態に陥ったり、食欲不振から十分に栄養が取れていなかったり、痛みなどがある場合です。特に幼犬や老犬は免疫力が十分でないので注意が必要です。
 

血便+嘔吐

病院へ向かうときには吐物で窒息しないように横向きに寝かせて運んでください。口の中に吐物が残っている場合には掻きだして下さい。血便同様、持っていけるなら吐物も病院へ持っていくと診断の材料になります。嘔吐しているときには水も何も与えずに、早急に病院へ行きましょう。
 
血便と嘔吐を特徴とする病気に犬パルボウイルス感染症があります。
 
犬パルボウイルス感染症:主に幼犬に起こり、血便と白血球の減少を特徴とします。激しい嘔吐のあと、下痢は次第に血液が混ざった状態になります。ウイルス感染症の治療法はほとんど同じです。ウイルスに対する薬がないので、二次感染防止のために抗生物質の投与、脱水や栄養不足にたいして補液療法が取られます。
 

血便+下痢

出血していて、下痢もしていると体の中の水分が失われて脱水状態になっている可能性があります。しかし、病院へ行くのが最優先ですので、水分補給をしなければとそちらを優先して病院に行くのが遅れないようにしてください。また、出血量が多いと貧血が起こります。血が足りないと、正常ならピンク色の歯茎は白くなりますので、その場合には早急に病院へ行きましょう。
 
下痢に血液が混じる疾患はいくつも考えられます。
 
消化管細菌感染症:腸内細菌が原因で起こる病気ですが、その中でエルシニアの一種の感染により大腸が冒され、血液が混じった下痢を起こすことがあります。治療は抗生物質の投与と脱水に対して補液療法を行います。排せつ物から人への感染に気を付けなければなりません。
 
慢性特発性腸疾患:難治性であることが多く、長期に渡り病態に従って治療が行われます。
①肉芽腫性腸炎:粘液や血液を伴った大腸性の下痢を呈します。
②組織球性潰瘍性大腸炎:若いボクサーに見られます。下痢に大腸の潰瘍が伴うため、進行に従って血液が混じります。
 

血便+元気がない

元気がないのは、脱水状態、栄養不足、高熱、激しい痛みなどが考えられます。体の調子が悪いと元気がなくなりますので、すぐに病院へ連れて行ってください。
 
しかし、元気があっても重大な疾患が隠れている場合もあります。血便は放っておかないようにして下さい。ここでは、血便に加えて嘔吐がなく、高熱などで元気がない状態を呈する疾患を2つ挙げました。
 
イソスポラ症:原虫のコクシジウム類に属するイソスポラ類の寄生によって発生する病気で、生後数か月の幼犬に水溶性の下痢を起こします。他の病原体の感染を同時に受けているなどの場合に症状が悪化し、血便が出ることがあります。他の症状は元気がなく、食欲不振、軽度な発熱などが見られます。治療にはサルファ剤を用いますが、下痢や衰弱などに対する対症療法も行います。宿主特異性が高いので人に感染することはありません。
 
犬ジステンパー:幼犬がかかりやすく、初期症状は高熱、下痢、肺炎などですが、ウイルスが脳に達すると神経症状を呈します。免疫力の弱い犬では血液様の下痢をすることがあります。ウイルスに効く薬はありません。二次感染防止のため抗生物質の投与が行われたり、脱水に対しての対症療法などが行われます。致死率が高いのでワクチンで予防するのがおすすめです。
 

血便+下痢+嘔吐+元気がない

血便にどの症状が加わるから、この病気だと簡単に決められる事ではありません。病院で様々な機器を用い、いろいろな角度から診察を行って体の中で何が起きているのかを診断します。共通して言えることは、血便、下痢、嘔吐、元気がないという症状は消化器症状だということです。そこから、症状や見た目だけでは分からないことを専門的に調べて行きます。これらの症状が見られたら、出来るだけ早く病院に行くことが最優先事項です。
 
血便に加えて、下痢、嘔吐、元気消失などの症状が見られる疾患を挙げました。
 
出血性胃腸炎:原因は不明ですが、小型犬に多く見られ、ケチャップのような出血性の下痢と嘔吐、沈うつ、食欲不振が主な症状です。症状が激しいので、治療の優先順位はケースバイケースです。
 
急性膵炎:原因は不明です。抑うつ状態、食欲不振、嘔吐、下痢(出血性のこともある)を繰り返す疾患です。治療は絶食絶水、輸液療法を行い、制吐剤、鎮痛剤、抗生物質の投与など必要に応じて行われます。
 
腫瘍:腸に発生する腫瘍には様々なものがあり、種類や病態によって現れる症状も治療法も異なります。共通して、食欲不振、体重減少、嘔吐、下痢、黒色便、血便、貧血、排便困難などが見られます。
 
腸捻転:腸が腹腔内で回転して絞扼することにより腸閉塞が起こる疾患で、腸の完全閉塞と虚血性壊死を起こし、蓄積された毒素によりエンドトキシンショックを起こします。ジャーマンシャパードドッグなどの大型犬に見られます。激しい嘔吐や出血性の下痢、沈うつ、腹痛、さらにはショック状態に至ることもあります。治療はショック状態を安定させた後に迅速に外科的処置を行わなければなりません。
 
急性肝不全:元気消失、食欲廃絶、沈うつ、嘔吐、下痢、黒色便などが見られます。治療は輸液療法、解毒剤の投与と対症療法が行われ、肝臓の機能を失わせている原因が分かれば対処します。
 
 

スポンサーリンク



普段の生活での留意点とは

 
まず、普段から犬の便の状態を観察しておくことが第一です。犬の便の処理を行うときに色、形状、量、匂いなどを観察する癖をつけておきましょう。そうすることで、普段と違う便に気づきやすくなります。肛門周囲ろうに関しては、肛門の周りを清潔に保つことで防げる病気です。
 
また、ストレス性の病態を引き起こさないように気を配りましょう。気づかぬうちに毎日相当なストレスを犬に与え続けていたなんてことがあるかもしれません。そういう場合は、自分では気が付きにくいものです。病院に行って獣医師との問診でストレスの原因に初めて気が付くこともあるでしょう。包み隠さず、情報を提示することは犬の命を守ることになります。
 
感染症が引き金となり重篤な症状になることがあります。犬のワクチン接種は必ず行いましょう。予防が第一です。
そして、よくアニメなどで犬が骨を咥えているシーンがあり、犬は骨が好きなのだろうと鳥の骨などを与える場合がありますが、してはいけません。骨が砕けて鋭くなったものが消化管に突き刺さってしまう危険があるからです。それ以外のものでも危険なものを誤飲しないように生活環境を整えましょう。
 
 

まとめ

ここまで説明した内容のポイントを以下に記載しますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

  • ・犬が血便をした場合は、医療機関を受診するほうがよい。
  • ・特に、下痢、嘔吐等を伴う場合は、出来る限り早く受診する。
  • ・血便の原因となる病気としては、感染症腸炎、出血性胃腸炎、慢性胃炎、慢性特発性腸疾患、肛門周囲ろう、腫瘍、胃潰瘍、十二指腸潰瘍等がある。
  • ・血便の原因により治療法は異なる。
  • ・普段から犬の便の状態を観察し、異常がないか注意する事が重要。また日常生活で、犬にストレスをかけていないか注意する事も重要。
  • ・感染症対策として、ワクチン接種を忘れないようにする。

 
 
<執筆者プロフィール>
碧井 香 (あおい こう)
獣医師・獣医学博士。
現在はフリーライターなど多岐に活動。
麻布大学獣医学部卒業 獣医師免許取得、某アニマルクリニックに勤務しながら、同大学院にて獣医学博士号取得、独立行政法人某研究所勤務、アメリカの研究機関勤務を経て今に至る。
 
 

編集部オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
アニマルクリニックまりも院長の獣医師コラムページの中で、犬の下痢・軟便について説明したページである[獣医師コラム] 犬の下痢・軟便、どの程度で病院に連れて行く?原因と対処法について | PetLIVES|愛犬・愛猫と心地よく暮らすWEBマガジンは、犬の血便などについて分かりやすくまとまっています。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。